浄土真宗本願寺派( 本山・西本願寺 )埼玉組のブログです。
 
お寺のホームページ新規開設&リニューアルのお知らせ

 

この度、埼玉組内の光善寺( こうぜんじ / 埼玉県越谷市 )が寺院ホームページを新規開設され、サーバーにアップされましたのでお知らせいたします。組内35ケ寺の内、ホームページ開設16番目( 簡易型ページ等を含む )となられました。

 

ご住職の富谷師は、以前よりホームページ開設の重要性を強く感じ、数年前に埼玉組広報部会( 当時の部会長・龍山師( 教念寺・埼玉県新座市 ))として開催させていただいた、ホームページの開設に向けた講習会でも積極的に質問をいただきました。準備とサイト構築の期間を経て、今回新規開設の運びとなったのでした。光善寺のホームページアドレス(ドメイン)は、http://www.kohzenji.com/ です。

 

多くのご門徒の皆様をはじめ、寺院( 浄土真宗本願寺派の正規包括寺院 )をお探しの方に知っていただく、素晴らしいご縁となる事をお念じ申し上げます。

 

また、埼玉組内の善行寺( ぜんぎょうじ / 埼玉県川口市 )が既にある寺院ホームページを完全リニューアルされ、サーバーにアップされましたのでお知らせいたします。善行寺は、埼玉組内でも古くからホームページを既に開設され運用してこられました。昨年(平成28年)には寺院開設10周年を迎え、その記念事業として、ホームページ全面リニューアルの為の準備とサイト構築の期間を経て、今回全面リニューアルとなったのでした。

 

全面リニューアルに際し、ホームページアドレス(ドメイン)が変更となっています。新しいアドレスは、http://www.zengyoji.jp/ です。

 

門信徒の皆様、地域住民の皆様、さらには近隣で浄土真宗の寺院をお探しの方と寺院を結ぶ、尊いご縁が一つ増える事を喜ばせていただくばかりです。

 

合掌

【2017.03.01 Wednesday 11:00】 author : saitamaso
| - | - | - | - | - |
年末協議会

 

先月、埼玉組・年末協議会および研修会を、築地本願寺講堂をお借りして開催させていただきました。年末のご多用の中にもかかわらず、組内寺院より多数のご参加・ご出席をいただき、執行部・役員に代わり御礼申し上げます。

 

今年は、築地本願寺での協議会と研修会の開催ということから、ご住職・副住職さんはもとより、多くの寺族(住職家族や親族)そして坊守様(住職の配偶者)のご参加をいただきました。住職だけでなく寺族・坊守様が一同に会し、浄土真宗本願寺派の宗門法規や、僧侶の本分を中心とした懲戒規定の講義を聞かせていただく時間となりました。

 

浄土真宗本願寺派は、現在・三権(司法・立法・行政)が分立されています。その中に、国でいうところの司法を扱う、監正局(裁判機関)という審判(司法)制度があります。ここでは、得度を受けた僧侶が、浄土真宗の教えから逸脱した事を広宣流布したり、僧侶として相応しくない言動や違法行為を行った者を審判する機関として設置され、各種トラブルの調停や審判をおこなっているのです。

 

もちろん、宗門法規という宗派の法律に照らし合わせて、その懲戒規定があるのですが、ここでは裁判官役・弁護人・検察官役がきちんといて、民主的な審判がおこなわれ審決されているのです。

 

今回の研修会では、この審判(司法)制度を、わかりやすくご教示いただく時間でした。

 

浄土真宗本願寺派・僧侶として身が引き締まる思いと、ご法義を伝えさせていただく責任の重さ、そしてそこにある僧侶としての本分を、得度以来となる気持ちの中でいただく協議会でした。

 

お坊さんの世界にも、三権分立の中で監正局(司法)が法の番人、規範の番人としてあるのですよ。

 

合掌


 

【2017.01.25 Wednesday 12:00】 author : saitamaso
| - | - | - | - | - |
伝灯奉告法要 埼玉組団体参拝

 

10月3日〜4日(お寺によっては5日)、京都・本願寺で勤修されました『 第25代専如門主 伝灯奉告法要・埼玉組団体参拝(第1班)を埼玉組で実施させていただき、組内・各寺院の門信徒の皆様200名の方々がご勝縁にあわせていただき、本願寺に参拝させていただきました。

 

全国各地から両堂(御影堂・阿弥陀堂)がほぼ満堂となる多くの方々が参拝される中、法要が勤修されました。

 

ちなみに、前回の伝灯奉告法要は、即如門主(前門様)の伝灯奉告法要が1980年4月から10月まで62日間(62座)に執り行われ、全国・世界各地から28万人が参拝されたそうです。

 

埼玉組では、来年(平成29年)5月に、第2班が法要に団体参拝させていただきます。

 

旅行実施担当としては、次回の団体参拝に向けて細かい修正点や改良点を精査&改良させていただき、次回も今回同様に安全で事故やトラブルなく終了を心掛けたいと思いました。

 

まずは、200名の埼玉組から参拝された皆様とともに、尊いご勝縁にあわせていただいた2日間(3日間)に感謝させていただくばかりです。

 

( 写真は、団体参拝された際に本願寺からいただく参拝バッグと栞、そして寺院毎の写真です )

【2016.10.11 Tuesday 13:26】 author : saitamaso
| - | - | - | - | - |
新執行部

 

先日、埼玉組で組会(そかい)が開催されました。4年任期の中、新たな組長(そちょう)副組長(ふくそちょう)をはじめとした執行部が承認され、また活動計画や予算書・決算書も承認されました。

 

新たな出発にあたり、現在の浄土真宗本願寺派・埼玉組34ケ寺に加え、このたび宗派の都市開教(宗派のお寺が少ない地域に新たなお寺をつくってゆくプロジェクト)の専従員に任命された大久保さんも紹介(今後、埼玉県三郷市に布教所を開設)され、これから埼玉組・35ケ寺として、浄土真宗の教えを次の世代に伝えさせていただく、伝道教化活動をはじめてまいります。

 

一つの寺院だけでは取り組めない事柄や問題点も、埼玉組35ケ寺で取り組ませていただき、浄土真宗本願寺派・埼玉組の総合力で「 お念仏に出遇えてよかった 」と門信徒をはじめ出遇われた方々に言っていただける、「 お寺づくり 」にあたらせていただきたいと思います。

 

新しい、増井組長(ますいそちょう・深谷市 願誓寺)のもと共に歩ませていただきます。

 

合掌

【2016.08.03 Wednesday 13:24】 author : saitamaso
| - | - | - | - | - |
埼玉組会計


近頃、巷では公費・公金のあり方を巡って大きな騒動になっていることは、テレビニュースで皆様もご存じの通りです。

私たち、お寺の世界も宗派・教区・組・各寺院とそれぞれで会計の収支報告書(決算書)の作成と、所轄官庁(寺院であれば都道府県)に提出する義務があります。ですので、ほとんどのお寺さんでは、税理士さんや公認会計士さんと契約を交わし、その会計を

「 第三者の厳しい目! 」

で見ていただいております。

一昔前のような、どんぶり勘定や公私混同はもちろんの事、お寺の浄財を使って家族での温泉旅行などありえません。

かくいう私、埼玉県内の浄土真宗本願寺派(34ケ寺)を統括する、埼玉組会計の任を前組長(ぜんそちょう)任期中、4年間拝命致しました。とはいえ、普段はお寺の住職であり「 会計のプロ 」ではありませんが、埼玉組の入金・出金という浄財かつ公金でありますので、その扱いは慎重と厳正に管理させていただいたのは言うまでもありません。

写真は一部ですが、会計関係で作成したファイルです。これとは別にパソコンに入金と出金の出納帳、予算書と決算書をデータとして保管しています。領収書一枚一枚はもちろん、各教化団体( 仏教婦人会や仏教壮年会、公開講座や協議会研修会他 )の決算報告とその返金金額をチャックしたうえ、残金と照らし合わせ決算書の作成にあたります。

ま、膨大なデスクワークです。3月で年度末会計をしめてから各種団体の報告を待ち、4月下旬からゴールデンウィーク明けまでに決算書を作成し、会計監査役のお寺さん(2ケ寺)に全ての帳簿、伝票、報告書、入金伝票、出金伝票、出入金の出納簿、そして決算書を持参して監査するという厳格さ!

正直、毎年ゴールデンウィーク期間前から6月までは空は五月晴れながら、心は別の意味でブルーでした。

公(おおやけ)のお金・浄財であるからこそ、その公金を扱う立場にある者は、法令上と道義上の両面でその責任と公正さが求められる・・・、会計を行なうご縁をいただいたからこそ、心に刻み込ませていただくばかりです。

合掌
【2016.06.01 Wednesday 12:49】 author : saitamaso
| - | - | - | - | - |
埼玉組公開講座開催御礼
  

去る9月2日(水)午後1時より、さいたま市北区の 【 プラザノース 】 を会場に、東京教区・埼玉組公開講座 ≪ 仏さまのはなしを聞こう法話コンサート・第2回  ≫ を、スタジオジブリのアニメーション映画 『 かぐや姫の物語 』 の主題歌を歌われた、シンガーソングライターであり僧侶でもある二階堂 和美  師 ( 浄土真宗本願寺派・安芸教区 大龍寺 ) をご講師にお迎えし、盛大に開催させていただきました

当日は、埼玉県内の門信徒の方々はもとより、一般の方々にも多数ご参加いただき無事に公開講座を終えることが出来ました。曲の合間には、二階堂さんから「 いのち 」、「 ご縁 」、「 平和 」、そして「 いのちのご縁が尽きることは、永久の別れではなく仏さまとしておはたらきいただく 」をテーマにして、ご自身の体験をもとにお味わいをいただきました。

あっという間の、2時間半の「 仏さまのはなしを聞こう・法話コンサート 」となりました。

この公開講座の開催に際しては、築地本願寺・東京教区・埼玉組内法中、そしてボランティアの皆様方に、ご協力とご高配をたまわりました事、深く感謝申し上げます。

合掌
【2015.09.04 Friday 10:12】 author : saitamaso
| - | - | - | - | - |
埼玉組公開講座開催のお知らせ
≪ 埼玉組公開講座開催のご案内 ≫

来る9月2日(水)午後1時より、さいたま市北区の 【 プラザノース 】 を会場に、埼玉組公開講座 ≪ 仏さまのはなしを聞こう法話コンサート・第2回  ≫ を開催させていただきます。

今回は、スタジオジブリのアニメーション映画 『 かぐや姫の物語 』 の主題歌を歌われた、シンガーソングライターであり僧侶でもある 二階堂和美 師 ( 浄土真宗本願寺派・安芸教区 大龍寺 僧侶 ) をご講師にお迎えし開催させていただきます

* 日時・・・ 平成27年9月2日(水) 13時開演・16時終了
* 会場・・・ プラザノース( さいたま市北区宮原町1−852−1 )
* 入場・・・ おひとり 1,000 円
* 申し込み  埼玉組内寺院の門徒さんは、直接 所属寺(菩提寺)までお申し込みください。所属寺がない一般の方は、熊谷市・円光寺( 048−521−2448 )までお問い合わせください。( 一般の方は定員に達し次第、お申し込みを締め切らせていただきます事を予めご了承ください )案内ページ

  
【2015.07.17 Friday 12:21】 author : saitamaso
| - | - | - | - | - |
埼玉組・決算報告書完成
埼玉組( さいたまそ / 浄土真宗本願寺派 東京教区 埼玉組 / 埼玉県内の浄土真宗本願寺派・正規寺院の集まり )では、重要議題の話し合いや、予算や決算を決めたり報告する組会( そかい / 住職と門信徒の代表の重要会議 )を年2回行っております。

年度末3月の下旬に来年度の組としての教化活動や公開講座の決定から、重要事項の協議やら予算を決める会議となります。

で、6月に年度末に閉じた一般会計の決算報告と繰越金額確定の予算書修正案の報告をおこなう・・・というのは、前回の記事で記載させていただいた通りでございます。これもドンブリ勘定ではなく、各団体( 婦人会や壮年会、若手僧侶の会合等 )や各種会議や部会まで全て監査を受けた報告書をあげていただき、それを組の会計である私が総括して一円の間違いもなく出・入をまとめ、監査2名の会計監査と預貯金・現金の確認作業をおこなっていただき、晴れて監査印をいただく・・・・という厳正なものです。



まさに言うは易し・行うが難しでして、中々大変でございます。ですが、大切な組活動のための浄財であり、ましてや公金であります。会計をお預りする身としては時間をかけ、頭をひねり、膨大な領収書と入金伝票・出金伝票とにらめっこしながら一円の間違いなく・・・となれば、これはもう深い安堵感に包まれるものです。

今年も、そのような過程を経てお陰さまで監査を終了させていただくことが出来ました。来週には組会で決算報告が待っています。住職も住職だけの立場ではなく、色々なお役があり、それも御恩報謝の「 おかげさま 」といただくご縁であると領解させていただくのであります。

合掌

 
【2015.06.01 Monday 16:22】 author : saitamaso
| - | - | - | - | - |
埼玉組会 ( 実践運動&予算編 )
3月下旬に、埼玉組会( さいたまそかい )が開催されました。


( 写真は過去の組会の様子 )

浄土真宗本願寺派 東京教区 埼玉組に所属する、正規寺院の住職&総代さんが集まり、埼玉組の来年度( 平成27年度 )の運営方針や予算の採決が行われる重要な会議です。お寺の組会( ブロック会議 )といえども国会の予算審議等と同様に、出席者数の確保( 全体の3分の2以上 )で、欠席の場合は委任状の提出の義務&確認の上で議事進行を慎重に行っております。もちろん議事録や予算書も作成し、活動計画書( 実践運動 )や各種団体( 婦人会や壮年会等 )の活動案も提出しているんですよ。

予算や決算報告や承認においても、厳重に審理&管理しております。例えば、決算では決算書を作成するだけでなく、入出金があれば伝票を起こし、領収書や振込依頼書を全て管理して1円でも間違いなく報告書にまとめ、会計監査を受けて決算書となります。どんぶり勘定などとは言わせません(笑)。

昔は、この組会を1年に1度行っておりましたが、現在は3月に来年度の事業計画と予算案の審議と採決を行い、6月に活動報告と決算の承認を行う2回制を埼玉組ではとっております。

組会は、富谷組長( そちょう )のお寺である、越谷市の光善寺様にて、午前10時よりはじまり途中昼食をはさみ、午後3時まで行われました。実は、この組会で承認をいただき、無事終えると執行部( 組長・副組長・教区会議員・実践運動委員長 / 副委員長・書記 )は少しほっとしますが、次の6月の組会に向けての決算書作成などが待っております。

各寺院での取り組みとは別に、こうしてブロック(組)で取り組ませていただきながら、一人でも多くの埼玉にお住いの方が「 浄土真宗の み教え 」を聞かせていただき、お念仏も申すご縁へと取り次がせていただく・・・そんな一念で、埼玉組役員・執行部だけでなく、全ケ寺御住職が取り組ませていただいているのでありました。

どうぞご縁を大切に・・・。

合掌
【2015.04.13 Monday 13:00】 author : saitamaso
| - | - | - | - | - |
来年の埼玉組・公開講座に向けて


1月22日に、さいたま市の『 さいたま市文化センター 』を会場に開催された「 埼玉組公開講座・仏さまの話をきこう!法話コンサート 」 の反省会と来年の開催に向けた会議を、埼玉組役員をはじめ、来年の担当ブロック・担当者の参加のもとで開催致しました。

一般の聴衆を含め、多くの方が参加してくださった公開講座でありました。

特に、今回は「 はじめて仏教・はじめて浄土真宗 」の教えや講座に参加されるであろう方を対象(メインターゲット)とした公開講座のプログラムとコンテンツを作成致しました。

埼玉組の住職・副住職を中心にした雅楽の演奏だけでなく、雅楽の一管の説明や、音色の実演を入れたり、その音色に合わせて僧侶が着ける法衣(衣体)と、門信徒の方が着ける式章をはじめとしたファッションショーの開催など、視覚・聴覚をあわせた(ビジュアルで)仏教や寺院、そして浄土真宗の教えにふれていただく機縁となりました。

ご講師・やなせなな さんの法話コンサートも、ご自身の体験や環境を、仏教の教え・浄土真宗の教えを歌に乗せて講演いただきました。

会議では今年の反省点を総括しつつ、来年の開催では今年の良かった点を取り入れながら、開催させていただきたいと思います。

仏教が、そして浄土真宗の教えが「 遠い先の話 」ではなく、今を生きとし生ける「 私の今に 」向けられていると味わわせていただける法縁の場 = 公開講座 でありたいと願い来年の開催準備に入らせていただきたいと思います。

合 掌
【2015.03.03 Tuesday 11:35】 author : saitamaso
| - | - | - | - | - |