浄土真宗本願寺派( 本山・西本願寺 )埼玉組のブログです。
 
浄土真宗のお盆

 

この時期になりますと度々「 浄土真宗では お盆にどのようなお飾りをすればよいのですか?」と、尋ねられることがあります。これは、お盆独特の飾り方があるのではないかと思われているからでしょう。

 

確かに浄土真宗以外の他宗派や、一部の地域の風習などで精霊棚を作ってお膳を用意したり、お盆の期間中に盆提灯を玄関先に掲げて、迎え火や送り火をする所があるようですが、浄土真宗ではそういったことは一切いたしません。一周忌や三回忌等の法事と同じように、生花を花瓶(かひん=仏壇の花立)に生け、お菓子・供物を仏前(お仏壇)に供えるだけです。【 上の写真が、浄土真宗本願寺派の正しいお仏壇のお飾りです。ロウソク立てや花瓶・香炉などもこの通り決められた場所に配置します。また浄土真宗では位牌は作りませんしお仏壇にも置きません、過去帳を作成し(寺院で記載してもらいましょう)お仏壇に置くのが正式な作法です。またお盆の精霊棚は勿論のこと、水やお茶、酒やタバコ等もお供えしてはいけません。また刺身やお寿司等の生臭物も供えないように 】

 

ちなみに精霊棚というのは、先祖の霊を迎えてもてなす為に用意する棚だそうで位牌を並べ、その前に精進料理のお膳や迎え団子、その他盛りだくさんの果物野菜を供えるのだそうです、また、ナスとキュウリにおがらをさして、牛と馬に見立てるのは先祖の霊が乗る為の乗り物だそうです。そして、その精霊棚の前で先祖の霊を丁寧にもてなし、お慰めして追善回向しようとするのが、精霊棚の習わしです。

 

しかし、こうした風習はお盆本来の由来から言えば、少し筋違いであると言えます。

 

そもそもお盆とは、お釈迦さまのお弟子であった目連尊者が、餓鬼道に堕ちた亡き母を救おうとして、その母に食物を与えるのですが、救われずお釈迦さまの導きで衆僧に供養して、初めて救われた(その日が7月15日)−という故事から起こった行事です。

 

すなわち、亡き母や、特定の先祖(○○家の先祖代々など)に供物を捧げるというものではなく、自らが深く仏法に帰依して 限りなき仏さまのはたらきを仰いでいく、ということでしょう。

 

言い換えれば、ご先祖のご恩に報いる道は、今を生きとし生ける私自身がお念仏を喜ぶ身となることです。ご先祖への報恩の思いから仏法を聞かせていただき、阿弥陀如来のはたらきにより救われていく身の幸せを喜ばせていただくのが、浄土真宗のお盆です。

 

ですから、精霊棚を設けるのではなく、ご本尊の阿弥陀如来を心から仰ぎ、特別なお供えではなく通常の回忌法要と同様のお供えをし、ご家族皆様で「 なもあみだぶつ 」とお念仏申しましょう。

 

( 浄土真宗 仏事のイロハ / 本願寺出版社より抜粋 )

【2018.07.27 Friday 15:29】 author : saitamaso
| - | - | - | - | - |
新たな年度に向けて!


IMG_0537.JPG

 

先日、埼玉組が主催しての仏教公開講座を、さいたま市南区の【 さいたま市文化センター 】ホールを会場に開催させていただきました。

 

埼玉県内の 浄土真宗本願寺派の宗派包括(正規)寺院の門信徒の皆様方はもとより、最近ご縁をいただかれた方や、初めてのご縁の方など誠に多くの皆様のご参加をいただき、ホール満堂の中での開催!となりました。埼玉組役員をはじめ、スタッフ一同心から感謝申し上げます。

 

さて、今回の公開講座開催にあたって、多くの皆様方に周知いただけるよう、ツールの一つとなりましたのはネット(ホームページやSNS等)の活用があげられます。私、埼玉組の広報担当( 埼玉県内の某寺院住職 )の寺も、今から10年前にホームページを開設( IBMのホームページビルダーというソフトを使い、住職の自らの手作りHPでした )して以降、多くの仏事のご質問や法事などの御依頼をはじめ、定例法要や常例法話会へのご参加をいただいたりと、地域や初めてのご縁の方に【 知っていただく 】ツールとなり、今も継続してツールとなっています。

 

その後、各寺院がホームページやSNS等をはじめ、類似したサービスを使用して、浄土真宗本願寺派の宗派包括(正規)寺院を多くの方に知っていただこう!という、デジタル化の取り組みを埼玉組としておこない、埼玉組18ケ寺のホームページが開設されていました。

 

さて、4月から新年度になるわけですが、お寺でも新年度にあたりホームページ新規開設や、SNS、情報提供サービスを利用しての情報発信など、新たに5ケ寺の寺院が開始されましたのでご紹介します。

 

1・埼玉県吉川市の 清浄寺( しょうじょうじ )さんは、ホームページ を開設されました。

 

2・埼玉県所沢市の 善了寺( ぜんりょうじ )さんは、i タウンページ  を開設されました。

 

3・埼玉県春日部市の 善巧寺 ( ぜんぎょうじ )さんは、Facebook を公開されました。

 

4・埼玉県三郷市の 三郷布教所聞信寺( もんしんじ )さんは、ホームページ を開設されました。

 

5・埼玉県入間市の 入間布教所超法寺( ちょうほうじ )さんは、首都圏開教推進部内ページ を開設されました。

 

形態はそれぞれですが、お寺とのご縁をつなげていただく一歩!であることを心から喜ばせていただくばかりです。

 

上記寺院を含め、現在(3月25日)埼玉組内寺院23ケ寺が、皆様方との架け橋としての情報発信をおこなってまいります。どうぞ、今までお寺とのご縁がない方も お近くの正規寺院まで仏事やご法事の御依頼などお気軽にお問い合わせください。

 

合掌

 

【2018.03.26 Monday 18:41】 author : saitamaso
| - | - | - | - | - |
埼玉組公開講座を来年2月に開催します!


公開講座チラシA4たて表面.jpg

 

来年(平成30年)2月16日(金曜日)午後1時から4時まで、浄土真宗本願寺派・東京教区埼玉組の公開講座を埼玉県さいたま市の【 さいたま市文化センター・小ホール 】を会場に開催させていただきます。

 

「 ブッダ × 落語 」をテーマに、四代目 桂 春團治 師( 平成30年2月11日襲名予定 )と、釈 徹宗 師( 如来寺住職・相愛大学教授 )を講師にお迎えして、一部・落語( 演目『 死ぬなら今 』『 鰻の幇間 』を予定 )、二部・法話( 講師の 釈 師はNHKテレビ『 趣味Do楽落語でブッダ 』出演等 )の二部構成となります。

 

肩の力を抜いて、法味と笑いがあふれるひと時をお過ごしいただければ幸いです。

 

ご参加は、埼玉組36ケ寺の門信徒の皆さまは所属寺(菩提寺)まで参加申し込みをお願いします。本願寺派寺院とのご縁が初めての方は、埼玉組公開講座詳細ページ をご参照の上でお申し込みください。*( ご参加にあたっては事前お申し込みが必要となります。受け付け後にご自宅に整理券をご郵送させていただきます)参加費は無料です。

 

法話に関心のある方、落語に関心のある方はもちろん、どなたでも聴講いただけますので是非ご参加ください。

 

お目にかかれますことをお待ちしております。

 

合掌

【2017.11.22 Wednesday 16:30】 author : saitamaso
| - | - | - | - | - |
浄土真宗では【 清め塩 】を入れません

 

葬儀の際、以前は会葬礼状に【 清め塩 】を入れられる事例が多々ありましたが、最近は「 浄土真宗では【 清め塩 】を入れない(用意しない)」とうのが、作法であるとの認識が広まってきたおかげで、葬儀社さんが事前に遺族や会葬者にご案内くださり、【 清め塩 】を入れない事例が増えてきたことは喜ばしい限りです。

 

なかには、会葬者向けに【 浄土真宗では〜〜 】といった立て看板を受付台近くに設置してくださる葬儀社さんもあり、住職としては、作法に敬意を示し順守してくださる姿を有り難くいただくばかりです。

 

先日、そんな熱心な葬儀社さんのご担当者から空いた時間に「 ご住職さん、ひとつ失礼かと存じますが、私が不勉強なもので・・・ 」とご質問をいただきました。それは、浄土真宗では【 清め塩 】を会葬礼状に入れない(用意しない)という作法を行っているものの、なぜ必要ないのかを遺族に間違いなく伝えたいという、ご担当者の思いからのご質問でした。

 

私(埼玉組内・某寺院住職)は、こうした質問をいただくことを大変嬉しく思います。特に、お寺とのご縁が今までなく、仏事が初めてといった喪主様の場合、葬儀社の担当者が仏事や儀式の案内を一番最初にいただく必要があるからこそ、間違った作法や情報を喪主様に伝えられると、その間違ったままの作法や情報が、次の世代・その次の世代に継承されてしまうので、葬儀のプロとしても間違ってはいけない、という意識を持ってくださりご質問いただくことに対して私は大歓迎なのです。

 

実際、担当者が宗派毎のお作法等をきちんと調べず、喪主様に適当な情報を伝えたり、他宗派の作法なのに浄土真宗でも行います等と、間違ったことを平気で伝える葬儀社の担当者が少なからずおられるのも、悲しいかな現実の状況なのです。

 

さて、話を戻して【 浄土真宗では何故、清め塩を用いないか 】のご質問があった際にお答えですが、私は以下のように伝道資料センターの文章を参照して説明させていただいております。

 

 ≪  浄土真宗では 「 清め塩 」 を用いません  ≫

 

 清め塩の由来は、人間のもつ 「 死 」 への恐れから 「 死 」 を不浄なものとしてとらえ、それを自分から遠ざけようとする思いから生じたと考えられます。不浄 (死のケガレ) を清めるために塩を用いるというわけです。

 

 浄土真宗においては 「 死 」 を不浄なものとはとらえません。それは、人間としての終着駅は仏としての始発駅であるとして、「 死 」 を仏としての新たなる誕生 「 往生 」 としてとらえるからです。

 

 また清め塩をまくということは、生前親しんだ家族や友人達を、死を迎えた途端に不浄な存在として扱うことにもつながってしまいます。 「 死 」 は誰しもが決して逃れることができない問題です。私も例外ではありません。ですから浄土真宗では清め塩を必要としないのです。

 

以上です。どうぞ、浄土真宗の方であれば 「 諸行無常のなか、死もまた我にあり 」と領解させていただき、死をケガレとしてとらえるのではなく、仏としての往生としていただこうではありませんか。

 

また上記のとおり、葬儀だけでなくお墓を新たに建立された際の【 建碑(けんぴ)法要 】においても、塩や酒・米粒をまくことは、浄土真宗ではおこないません。

 

合掌

 

 

 

続きを読む >>
【2017.10.04 Wednesday 11:39】 author : saitamaso
| - | - | - | - | - |
新たに2ケ寺にてHPが開設されました!

 

埼玉県内の、浄土真宗本願寺派( 本山・本願寺 / 通称・西本願寺 )の正規寺院、ならびに布教所は平成29年7月現在で、36のお寺があります。

 

そのうち、お寺のホームページ(HP)やネット上の案内板、NTTの情報版等、ネット上に16の寺院がページをつくり、そして活用しながら、広く多くの方々に浄土真宗のお寺を知っていただけるようしています。

 

ネット社会ですので、「 近くの浄土真宗のお寺は? 」、「 法座(法話会)を近くで行っている本願寺派のお寺は? 」等と、検索される際に、ホームページや案内ページがあると、所属寺(菩提寺)がなく、初めてのご縁の方にも知っていただく為に有効であると、数年前に埼玉組では「 お寺のホームページを開設しよう!」と研修会や講習会等を開催させていただきました。

 

当初、数ケ寺のみのホームページから始まった埼玉組内のホームページ・案内ページも、先ほど述べましたように現在は、16ものお寺が運用させていただくご縁となっています。

 

そしてこの度、さらに2ケ寺がホームページを開設されました!

 

1ケ寺は、さいたま市南区に所在する【 浄広寺(じょうこうじ)】さんです。こちらは、副住職のお孫さんが、立ち上げられたそうです。

 

もう1ケ寺は、所沢市旭町に所在する【 昌平寺(しょうへいじ)】さんです。

 

上記2ケ寺のお寺さんがHPを開設され、ちょうど組内の半数18ケ寺のお寺さんがホームページ、または案内ページを持たれたことになります。埼玉組としても尊いご縁を喜ばせていただくばかりです。

 

なお、埼玉組内寺院のホームページ・案内ページ(ネット上の)は、組内寺院マップ のお寺名が青色になっているところをクリックしていただくとリンク先に飛びますので、どうぞ訪問してみてください。

 

合掌

【2017.07.25 Tuesday 15:44】 author : saitamaso
| - | - | - | - | - |
新たな拠点ができました!

 

浄土真宗本願寺派( 本山・本願寺 / 通称・西本願寺 )の埼玉組( 東京教区埼玉組 )には、正規寺院( 宗派被包括寺院 )が33ケ寺と布教所( 首都圏都市開教拠点 )が2ケ寺ございます。

 

この35ケ寺が、寺院を聞法の道場として浄土真宗の教えを後世まで伝えさせていただきたいと願い、宗祖・親鸞聖人が顕かにされたお念仏の教えを伝えさせていただく伝道教化の「 お寺 」として、埼玉県内で歩ませていただいております。

 

法座活動の回数や内容については、それぞれの寺院の特色や地域性・世代差があり一概ではありませんが、子育て世代と子ども達に向けた法座活動への特色を出すお寺もあれば、団塊の世代に向けた法座活動を取り入れているお寺、コーラスや音楽を特色としたお寺、公開講座や勉強会を積極的に開催されるお寺など、まさに色は色々です。

 

その共通項は、法事や葬儀でのお経を配達するのみの「 読経のオガミ屋 」としての寺院や僧侶ではなく、上記の通り法事や葬儀での読経という法施はもちろん、かけがえのない方を亡くされた喪主様やご遺族の悲しの中に、仏さまの願い・誓いが向けられていた事を取り次がせていただく「 布教伝道の使 」としての寺院と僧侶のあり方を、日々実践させていただいているのです。

 

しかしながら、前回のブログ( 4/21 )でも記載させていただきましたが、浄土真宗本願寺派とまったく関連の無い宗教法人(寺院)が、浄土真宗本願寺派として葬儀や法事といった儀式を執行している現実は悲しい限りですし、なによりその事が判明した喪主様やご遺族の悲しみは、尚更でありましょう。

 

そのような状況を踏まえ、今まで浄土真宗の寺院がなかった埼玉県入間市内に、今回新たな布教所が誕生しました!!

 

当、ホームページ内の組内寺院マップにも新規記載致しましたが、新しい拠点( 布教所 )は

 

いるま布教所・超法寺 / 専従員 末田雅裕 師 で、布教所の住所は、埼玉県入間市東町 5−8−28 です。

 

どうぞ入間市内をはじめ近隣各地の方で、正規寺院(拠点)をお探しの方や、ご聴聞の場をお探しの方は、どうぞご連絡いただければ幸いです。

 

ようこそ、ようこそ36番目の聞法の道場へ!

 

合掌

【2017.05.17 Wednesday 16:40】 author : saitamaso
| - | - | - | - | - |
葬儀をお願いされる際に

0025.jpg

 

先日、私・埼玉組広報担当のお寺に、お葬式をされた葬家の方が立て続けて3軒ご相談に来院されました。

 

と申しましても、その3軒の方は私のお寺が執り行わせていただいたご葬家ではなく、浄土真宗本願寺派の埼玉組のご寺院が執り行われたご葬家でもありませんでした。

 

1週間の間にお見えになられた3軒の葬家の共通した相談内容は、「 葬儀の際に【 浄土真宗本願寺派(西本願寺)】の正規のお寺を紹介してください 」とお願いし、葬儀社が手配しますという事だったのに、葬儀後に調べたら来たお寺は本願寺派のお寺ではなかった。今後(49日法要等)のことで悩んでいる。相談にのっていただきたい 」という内容でした。

 

伺うと、その1軒目の方は埼玉県西にある『 遠〇寺 』という寺院が葬儀を執行していました。2軒目の方は埼玉県南にある 『 〇〇院 』という寺院が執行していましたが上記2ケ寺とも浄土真宗本願派の寺院ではございません。また3軒目の方は、同じ浄土真宗ではありますが、東京都の『 真宗高田派 』の寺院であったそうです。

 

全ての喪主様が郷里の親戚にまで確認され、明確に「 浄土真宗本願寺派(西本願寺) 」を指定され、葬儀社も「 手配する 」旨を回答されていたのに、このような現実がいまだに繰り返されていることに、そしてその事が大切な方の葬儀後に判明したご遺族にとって、更なる悲しみと悩みになっている現実に一住職として悲しさと悔しさが込み上げてきます。

 

思考が多様化する現代社会の中にありますので、喪主様によっては「 読経さえしてもらったら、そのお寺が何処の宗派なのか問わない 」 という方もおられるでしょう。また「 浄土真宗であれば、何派でもこだわらない 」という方もおられるかも知れません。そういった方であれば、未包括であろうとも他宗教であろうとも問題にはならないのでしょうが、せめて『 浄土真宗本願寺派 』と明確にリクエストされている方に対しては、正規寺院への案内を ” 施行者責任 “ として葬儀社さんには行っていただきたいのです。

 

埼玉県内には平成29年4月現在、36ケ寺の浄土真宗本願寺派の正規寺院・布教所があります。

 

郷里の親戚のお寺さんや、京都の本願寺、そして東京の築地本願寺に問い合わせていただいても、台帳に登録されている寺院、登録された布教所として間違いがない正規寺院(被包括寺院)です。どうぞ、ご遺族の悲しみを増幅させない施策を関係業者様にいただければ幸いです。

 

また、この記事をお読みで所属寺(菩提寺)がない方も、どうぞ「 危なくなったら考えよう 」ではなく、『 今日とも知らず、明日とも知らず、の無常のいのち 』であるからこそ、今・近所の浄土真宗本願寺派のお寺を探しておこう 」。「 仏法を聞くご縁としよう 」と、あまり重く考えずにお尋ねいただければ有り難いです。悲しまれる、残された遺族の方の姿を見るのは辛いですから・・・。

 

どうぞ、今・浄土真宗本願寺派のお寺を探しておこう!を忘れずに。

 

合 掌

【2017.04.21 Friday 09:58】 author : saitamaso
| - | - | - | - | - |
お寺のホームページ新規開設&リニューアルのお知らせ

 

この度、埼玉組内の光善寺( こうぜんじ / 埼玉県越谷市 )が寺院ホームページを新規開設され、サーバーにアップされましたのでお知らせいたします。組内35ケ寺の内、ホームページ開設16番目( 簡易型ページ等を含む )となられました。

 

ご住職の富谷師は、以前よりホームページ開設の重要性を強く感じ、数年前に埼玉組広報部会( 当時の部会長・龍山師( 教念寺・埼玉県新座市 ))として開催させていただいた、ホームページの開設に向けた講習会でも積極的に質問をいただきました。準備とサイト構築の期間を経て、今回新規開設の運びとなったのでした。光善寺のホームページアドレス(ドメイン)は、http://www.kohzenji.com/ です。

 

多くのご門徒の皆様をはじめ、寺院( 浄土真宗本願寺派の正規包括寺院 )をお探しの方に知っていただく、素晴らしいご縁となる事をお念じ申し上げます。

 

また、埼玉組内の善行寺( ぜんぎょうじ / 埼玉県川口市 )が既にある寺院ホームページを完全リニューアルされ、サーバーにアップされましたのでお知らせいたします。善行寺は、埼玉組内でも古くからホームページを既に開設され運用してこられました。昨年(平成28年)には寺院開設10周年を迎え、その記念事業として、ホームページ全面リニューアルの為の準備とサイト構築の期間を経て、今回全面リニューアルとなったのでした。

 

全面リニューアルに際し、ホームページアドレス(ドメイン)が変更となっています。新しいアドレスは、http://www.zengyoji.jp/ です。

 

門信徒の皆様、地域住民の皆様、さらには近隣で浄土真宗の寺院をお探しの方と寺院を結ぶ、尊いご縁が一つ増える事を喜ばせていただくばかりです。

 

合掌

【2017.03.01 Wednesday 11:00】 author : saitamaso
| - | - | - | - | - |
年末協議会

 

先月、埼玉組・年末協議会および研修会を、築地本願寺講堂をお借りして開催させていただきました。年末のご多用の中にもかかわらず、組内寺院より多数のご参加・ご出席をいただき、執行部・役員に代わり御礼申し上げます。

 

今年は、築地本願寺での協議会と研修会の開催ということから、ご住職・副住職さんはもとより、多くの寺族(住職家族や親族)そして坊守様(住職の配偶者)のご参加をいただきました。住職だけでなく寺族・坊守様が一同に会し、浄土真宗本願寺派の宗門法規や、僧侶の本分を中心とした懲戒規定の講義を聞かせていただく時間となりました。

 

浄土真宗本願寺派は、現在・三権(司法・立法・行政)が分立されています。その中に、国でいうところの司法を扱う、監正局(裁判機関)という審判(司法)制度があります。ここでは、得度を受けた僧侶が、浄土真宗の教えから逸脱した事を広宣流布したり、僧侶として相応しくない言動や違法行為を行った者を審判する機関として設置され、各種トラブルの調停や審判をおこなっているのです。

 

もちろん、宗門法規という宗派の法律に照らし合わせて、その懲戒規定があるのですが、ここでは裁判官役・弁護人・検察官役がきちんといて、民主的な審判がおこなわれ審決されているのです。

 

今回の研修会では、この審判(司法)制度を、わかりやすくご教示いただく時間でした。

 

浄土真宗本願寺派・僧侶として身が引き締まる思いと、ご法義を伝えさせていただく責任の重さ、そしてそこにある僧侶としての本分を、得度以来となる気持ちの中でいただく協議会でした。

 

お坊さんの世界にも、三権分立の中で監正局(司法)が法の番人、規範の番人としてあるのですよ。

 

合掌


 

【2017.01.25 Wednesday 12:00】 author : saitamaso
| - | - | - | - | - |
伝灯奉告法要 埼玉組団体参拝

 

10月3日〜4日(お寺によっては5日)、京都・本願寺で勤修されました『 第25代専如門主 伝灯奉告法要・埼玉組団体参拝(第1班)を埼玉組で実施させていただき、組内・各寺院の門信徒の皆様200名の方々がご勝縁にあわせていただき、本願寺に参拝させていただきました。

 

全国各地から両堂(御影堂・阿弥陀堂)がほぼ満堂となる多くの方々が参拝される中、法要が勤修されました。

 

ちなみに、前回の伝灯奉告法要は、即如門主(前門様)の伝灯奉告法要が1980年4月から10月まで62日間(62座)に執り行われ、全国・世界各地から28万人が参拝されたそうです。

 

埼玉組では、来年(平成29年)5月に、第2班が法要に団体参拝させていただきます。

 

旅行実施担当としては、次回の団体参拝に向けて細かい修正点や改良点を精査&改良させていただき、次回も今回同様に安全で事故やトラブルなく終了を心掛けたいと思いました。

 

まずは、200名の埼玉組から参拝された皆様とともに、尊いご勝縁にあわせていただいた2日間(3日間)に感謝させていただくばかりです。

 

( 写真は、団体参拝された際に本願寺からいただく参拝バッグと栞、そして寺院毎の写真です )

【2016.10.11 Tuesday 13:26】 author : saitamaso
| - | - | - | - | - |